ロゴ制作を依頼したいけど、その前にロゴについて知っておきたい基本知識。

ロゴの基本知識 ロゴの基本知識

ロゴは、その組織や事業、あるいは製品サービスのアイデンティティー(固有性)を具現化したブランドマーク。

ロゴは、その組織や事業、製品サービスのアイデンティティー(固有性)を具現化したものです。どんな組織・事業・製品サービスでありたいかというビジョンを、ひと目で多くの人に伝える役割があります。
看板、名刺、WEBサイト、レターヘッド、パンフレット、請求書、広告媒体など様々なものに展開され、他社との差別化、独自性を発信しています。また組織内部に対して結束力を高める役割も担っています。
ロゴは組織・事業・製品サービスの世界観を図案化した「シンボルマーク」と、名称をシンボル化した「ロゴタイプ」の2つの要素から構成されています。シンボルマークだけのロゴもあれば、ロゴタイプのみのロゴもあります。
また、シンボルマークとロゴタイプを併用している組織・事業・製品サービスもあり、シンボルマークとロゴタイプを組み合わせているロゴは「ロゴマーク」と言われています。

ロゴにはいくつかの呼称がありますが、大事なのは、いずれも組織・事業・製品サービスのアイデンティティー(固有性)を具現化したブランドのマークであるということです。

ロゴタイプ

ロゴタイプは、組織や事業、製品サービスの名称をシンボル化したデザインされた文字です。名称を優先して覚えてもらいたい場合に適しています。

シンボルマーク

シンボルマークは、組織や事業、製品サービスを象徴するマークであり、組織や事業、製品サービスの理念やメッセージを図形と色で表現します。記憶に残りやすく、世界観・印象(顔)を優先して覚えてもらいたい場合に適しています。

ロゴマーク

ロゴマークは、ロゴタイプとシンボルマークを組み合わせて図案化したものです。組織、事業、あるいは製品サービス名を覚えてもらいたい、あわせて世界観、印象も記憶に残してもらいたい場合に適しています。

企業ロゴとブランドロゴって何がちがうの?

ロゴの基本的知識は勉強したけれど、調べていると企業ロゴやブランドロゴもあるらしい。なんとなくブランドロゴは製品やサービスに必要なものだと理解しているけれど、そもそも企業ロゴとブランドロゴの違いってなんだろう?ロゴの制作依頼をする前に疑問を解消しておきたい方に、企業ロゴとブランドロゴの違いについて解説します。

企業ロゴや、ブランドロゴなど、呼称はいろいろありますが、どれが正式名であるということは決めれていません。ですが、ブランディングの観点からこれらを見るとどれも「ブランドマーク」です。ブランドマークとは、競合他社と区別、差別化する為の「色・文字・図形」を使った識別記号のことを指します。
ブランドマークの対象は、コーポレート(企業)ブランド、事業ブランド、事業内のファミリーブランド、製品ブランドといった具合に多岐に渡ります。ですので、企業ロゴと言われているものは、コーポレートブランドにあたります。ブランドロゴは、事業ブランドや製品ブランドを指して使われていることが多いです。

コーポレートブランドのロゴの事例

事業ブランドや製品ブランドのロゴの事例

ロゴを依頼するときに考慮すべきポイント。

ロゴの基本的な知識は勉強したけれど、いざロゴを依頼する時に何をポイントにして依頼すればいいのかわらなくて不安に感じている方も多いのではないでしょうか。自分には感性がないけど、せめてロゴの善し悪しの基準になる知識くらいはつけておきたいと思っている方に、ロゴを依頼するときに考慮すべき4つのポイントを解説します。
ただ、ロゴのクオリティが高いからといって事業が急成長するわけではありません。その組織、あるいは事業、製品サービスのブランディングを行っていき、企業価値を向上させていくことが成長につながります。そのための重要なブランド要素のひとつがブランドマークであるロゴです。

①シンプルであること。

なぜシンプルであることが良いとされるか、他の3つのポイントにも関わってくることですが、シンプルな造形のロゴは視認性が高く、印象が記憶に残りやすいです。AppleやNikeのマークを思い浮かべるとわかりやすいかもしれません。例えが極端ですが、装飾過多であったり複雑な多角形のカタチをしたオブジェクトよりシンプルな円や四角形、三角形のほうが永く記憶に残りますよね。記憶に留めてもらうにはシンプルな造形が有効です。

②普遍的であること。

優れたロゴは何年たってもその印象が色褪せることがない普遍性をもっています。そういった多くのロゴは、時代の流行りに左右されず、伝えるべきメッセージが整理されシンプルに表現された無駄のないデザインです。トレンドを追いかけたものは流行りが終われば廃れ、古い印象を与えてしまいます。

③実用性があること。

ロゴは、看板、名刺、WEBサイト、レターヘッド、パンフレット、請求書、広告媒体など様々なものに展開されます。そのため印刷物やスクリーン内での拡大や縮小、グレースケールやモノトーンカラーでの仕様にも耐えられる必要があります。それらを考慮すると必然的にシンプルな造形、シンプルなカラーで構成されたロゴになるはずです。実用性があるクオリティの高いロゴは、過度な表現方法や細かな装飾が排除されているといえます。

④事業に相応しいストーリー があり印象的であること

他の3つのポイントを抑えてさらにその組織、事業、あるいは製品サービスに相応しい印象的なストーリーが表現されているかどうかが重要です。なぜならストーリーは独自性や魅力を伝えることができるからです。ただしストーリーがあるからといって、過度な表現方法や細かな装飾があっては、実用性にかけたロゴになってしまいますので、あくまでシンプルであり、普遍的であり、実用性を兼ね備えていることを意識することが大切です。

事例その1:Meiji ロゴのストーリー

ふくよかで柔らかな書体、親しみのある小文字を使用することによって、「食と健康」の企業グループらしい明るさと、お客様一人ひとりとのあたたかいつながりを表現されています。「iji」の造形には、人々が寄り添い支えあう姿が託されています。

事例その2:adidas ロゴのストーリー

アディダスのスポーツパフォーマンスロゴは、ブランドロゴになります。アディダスの象徴であるスリーストライプスを、右へと伸びていく山のように見立てたデザインになっています。これは「未来に向けての達成すべき新たな挑戦」を表しています。

事例その3:amazon ロゴのストーリー

黄色い矢印はアルファベットの最初の文字であるaから最後の文字であるzに繋がっています。これはAmazonではあらゆるものが手に入るということを示しています。同時にこの矢印はスマイルでもあり、Amazonで購入する人々の幸せを表現したものです。

ロゴに関する商標と著作権について知っておきたいこと。

商標とは、自社の取り扱う商品・サービスを、他社のものと区別するために使用する識別標識のことで、商標法という法律により守られています。商品・サービスの名称が保護の対象となり、商標の対象要素は「文字」「記号」「図形」「立体的形状」「動き」「ホログラム」「色彩」「音」「位置」などがあり、これらを組み合わしたものです。ロゴの場合は「文字・図形・記号」ということになります。商標権を取得するためには、特許庁から商標登録を受ける必要があり、権利者は、指定の商品・サービスについて、登録商標を独占的に使用できるようになります。

ロゴの商標登録を検討している方へ

結論から言うとロゴの商標登録は、弁理士さんに相談、依頼することをお勧めします。弁理士は、国家資格を有しており、出願人を代理して特許庁へ各種手続きを代行することが認められている専門士業です。なぜ弁理士に相談を検討した方がいいのかというと、ロゴの商標登録の流れは、調査 → 出願 → 審査 → 登録となりますが、調査ではロゴの文字要素、図形要素など膨大なデータから適切な図形等分類を見定め、デザインコンセプトや使われているモチーフなども比較しないといけません。また出願書類の作成も専門知識が必要になる場面が多く、労力と時間がかかってしまいます。その労力と時間は、本業に注力した方がよいでのは?ということが理由です。

弁理士に相談する前に確認しておくこと。

弁理士に相談する時は、ロゴのデザインのバリエーション(縦組み、横組み、タグラインの有無など)全て提示します。また、ロゴタイプ、シンボルマーク、ロゴマークを明確にしておく必要があります。要るするに商標の対象要素をはっきりさせることです。また、ロゴのコンセプト、デザインストーリーなどの情報もしっかり伝えることです。それによりそのロゴがどういった考えのもと、何をモチーフにして作られてものなのかが判断しやすくなります。

デザイナーに委託する場合は、ロゴの著作権を譲渡してもらうこと

ロゴの著作権(※1)は、商標権(※2)とは違います。ロゴの商標登録をすれば、ロゴの著作権も取得できるということではありません。自身で制作したものではない著作物の著作権は、著作者から譲渡してもらう必要があります。委託したデザイナーから著作権を譲渡してもらわずに商標登録した場合、デザイナーの著作権を侵害することになり、登録商標が使用できなくなるケースがあります。なので、著作権の譲渡の件は最初にデザイナーと合意形成しておく必要があります。

(※1)著作権とは、著作物を保護する為の権利であり、「思想又は感情を創作的に表現したものであつて、文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」と著作権法で定義されています。著作権は登録が不要です。著作権は創作と同時に発生します。
(※2)商標権とは、商品又はサービスについて使用する商標に対して与えられる独占排他権。商標として保護されるのは、文字、図形、記号の他、立体的形状や音等も含まれます。権利の存続期間は10年ですが、存続期間は申請により更新することができます。

デザイナーに依頼する前に、整理しておきたいこと。

いざロゴを依頼する時にどのような情報をデザイナーに伝えればいいのか?デザイナーからも当然質問されると思うけれど、伝えるべきことをしっかり伝えるためにも事前に準備はしておきたいもの。デザイナーに依頼する前に整理しておきたいポイントをご紹介します。

どのようなロゴが必要なのか目的を明確にしておく。

例えばロゴには、3つの種類があります。名称を優先して覚えてもらいたい場合には「ロゴタイプ」、記憶に残りやすく世界観・印象(顔)を優先して覚えてもらいたい場合は「シンボルマーク」、名称も覚えてもらいたい、世界観、印象も記憶に残してもらいたい場合には「ロゴマーク」です。何を訴求すべきかは、自社のブランディングにも関わってくるものです。訴求すべきポイントが戦略的に明確なのであれば、その戦略にそったロゴを依頼しましょう。判断が難しい場合は、ロゴが展開されるシーンや事業戦略なども踏まえて、デザイナーと相談しながら決めるとよいでしょう。

事業の理念や大切にしている価値観を整理しておく。

ロゴをデザインするにあたって、デザイナーはインプットする情報が必要になります。企業のロゴであれば、必ず自社の事業の理念、将来のビジョンや大切にしている価値観、事業の強みや提供価値などをしっかり伝えてください。創業者の熱い想いであったり、事業をはじめたキッカケや、社会に対する課題に自分たちはどんなサービスを提供してその課題をどうやって解決していくのかなど、社会に伝えたいメッセージはたくさんあるはずです。デザイナーはそれらの情報をインプットして、伝えるべきメッセージを要約し、整理されたシンプルで無駄のないデザインをアウトプットしてくれます。

まとめ

ロゴを依頼する際、一番大切なことは、あんな感じのロゴがいいとか、こんな感じの色がいいとか趣味趣向で考えるのではなく、自身の事業をどのように市場に訴求していきたいのか、顧客にどのような価値を提供していきたいのか、事業に対する熱量をしっかり言葉にしておくことだと思います。経験を積んだデザイナーであれば、その想いをなんとなくの雰囲気ではなく、論理的にカタチにしてもらえるはずです。

1stSTEPロゴデザインサービス

1stSTEPロゴデザインサービスでは、困難な時も、何故この事業を始めたのか、顧客に何を提供したかったのか、どんな未来を体験してもらいたかったのか、いつでも立ち返れることができる、あたなだけの物語を編集したロゴを提供します。

1stSTEPロゴデザインサービス
http://1ststep-logodesign.work